ライフスタイル-二世帯

二世帯住宅のご提案

二世帯住宅を考えた時、さいたま市という立地は二世帯で住むことに向いている街ではないかと思います。

働き盛りの子夫婦が都内へ出るにも交通の便が良く、親夫婦が暮らす街としても緑が比較的多くのどかな印象です。

さいたま市というところは両方を併せ持つ情緒豊かな暮らしやすい街ではないでしょうか。

最近の住みたい街ランキングにも大宮や浦和は上位に入ってきております。

古くなった家を建て替えるなら、ぜひ二世帯住宅をご検討してみてください。

さいたま市で建てた二世帯住宅を2件ご紹介いたします。

 

玄関からすべて別にした二世帯住宅

こちらは自然素材系の建物になります。

息子さん夫婦と一緒の二世帯(子供側から見ればご主人の親と一緒の二世帯)です。

1階が親世帯、2階が子世帯、よくある二世帯の形のひとつです。

生活サイクルが違いますから割り切って全部別にした方が生活しやすいというメリットがあります。

プライバシーもしっかり確保できるタイプです。

長く住むのですから、お互い気兼ねなくつかず離れずのスタンスでいった方がうまくいきやすい、ということもありますね。

 

玄関と1階の一部は共有、それ以外は別にした二世帯

こちらは共有部分があるお住まいです。

玄関と1階の多目的スペース、そこにつながる和室とミニキッチンが共有スペースとなります。

親世帯、子世帯、どちらのお客様が見えた時でもお通ししやすいですよね。

それぞれの生活の場はきちんと確保しつつ、共有できる部屋が玄関の近くにあるのは使い勝手が良く便利でしょう。

 

二世帯住宅で暮らす

二世帯住宅は、親にしてみれば、何かあれば近くに若い人たちがいるという安心感があります。

子から見れば、新たに土地を探して一戸建てを…と考えるより金銭面で現実的かもしれませんね。

また逆に、生活の時間帯が違うストレスも考えられるでしょう。

他人と同居することになる子世帯の配偶者が疎外感を感じやすいなど、生活文化や価値観の違いから

トラブルなどもあるかもしれません。

 

お互いに干渉しすぎないようにルールを作るなど、つかず離れずの関係で、

そしてギャップはあって当たり前の気持ちを留めておくことが二世帯で住むための秘訣かもしれません。

 

どちら側にもメリット、そしてまたデメリットがあるものです。

よく話し合い、相談し、検討して、ベストな住まい方ができることが理想ですね。

 

当社ではデメリットの一つとなる生活で出る音のストレスに関しては、上下階の間取りを考えるだけでなく

セルローズファイバーという断熱材を採り入れることで対応しています。

2階の足音が下階で気になる場合など、世帯の間仕切りに使うと有効です。

 

二世帯住宅のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。