住宅でカフェを開く時のポイントとは?住宅兼カフェの注意点について解説

住宅でカフェを開く時のポイントとは?住宅兼カフェの注意点について解説

昔に比べて最近では住宅でカフェを開店する人も増えてきています。しかし住宅でカフェをするための大事なポイントを詳しく知る方は少ないでしょう。

今回の記事では、住宅でカフェをする時の大事なポイントや住宅兼カフェの建築を依頼する時に聞いておくべきこと、また住宅兼カフェの注意点や、さらに住宅兼カフェのメリットとデメリットについても詳しく解説します。

住宅でカフェをする時の大事なポイント

最近では、自宅でカフェを開店させたいと、リフォームや建て替えを望んでいる人が徐々に増えつつあります。特にお店を開くまではいかなくても、自分の手料理を色んな人に食べて欲しいなど、希望される理由は多々あります。

しかし、ちゃんとお金を貰って披露するということは色々と考えないといけない事があります。その中でも住宅でカフェをするための大事なポイントとして以下のことが挙げられます。

目的を明確にしておく

住宅でカフェを開くにあたって、どこまでカフェに重点をおくのか考えないといけません。

趣味からの延長で収益が少しでも出たら大丈夫なのか、それともちゃんとした事業として立ち上げて収益を考えていくのかによって、カフェを開くための下準備の内容は変わってきます。

お店の形態について

最初に1階をカフェ、2階を住宅としてリフォームして開店するか、それともカフェと住宅を完全に住宅スペースとカフェスペースを、はっきりと分けて開店するのかを決めておくべきです。

どういうお店の形態にしておきたいのかを決めておくことは、建築する時にも経営していく時にも大事なポイントです。

特に事業としてカフェを開く場合は、あまり生活感を感じさせると自宅スペースとの距離感が気になって来てくれたお客様が落ち着かない場合もあります。

そのため建築や建て替えする前に、生活感をあまり思わせない、感じさせないように創意工夫を考えておかないといけません。

近隣についても色々調べておく

カフェ兼自宅でもあるので、営業することで近隣の人に迷惑をかけないように対策を立てる必要があります。対策を立てた後もちゃんと迷惑かけてないかを聞いたりするなど、開店したら終わりではなく、開店してからも近隣の人との関係を大事にしておかないといけません。

さらに、カフェなどの飲食店は営業時間などの公的書類を、公的施設にちゃんと提出しておかないといけません。その際に特に夜まで営業するなら近隣の人達の同意を得ておく必要があります。

住宅兼カフェの建築を依頼する時に聞いておくべきこと

趣味の延長からであっても、実際にカフェとして店を開くことは、客観的に見てもそれは仕事として見られることだと考えておくべきです。

自宅兼カフェとなると住宅スペースの確保について

イメージするカフェがあったとしても、実現できるのかどうかは専門家に相談しておくべきでしょう。特に新築からではなくリフォームや一部分をリフォームとなるとある程度住宅スペースで我慢する所がでてくるかもしれません。

許せる範囲内と駄目な所を、建築をする段階できちんと相談しておかないと後々トラブルの元になる可能性があります。

実際に建築したお店を教えてもらう

サイトはもちろんですが、今までの店舗実績や店舗の写真を見せてもらっておきましょう。

さらに出来るなら、実際に店舗を見せてもらえるかどうか相談してみましょう。自宅兼カフェのイメージをするといっても最初はイメージがつきにくいからこそ、どんな感じにしてくれるのかを確認しておくことも重要です。

住宅兼カフェの注意点

住宅兼カフェとして改築する場合、土地の利用にも制限があり、役所などで開業できるのかどうかを最初に確認しておく必要があります。

また通常の店舗と同じく食品を売るなら食品衛生責任者の資格を取得しておくことや、飲食営業許可申請の届出をしておかないといけません。他にも、上記に挙げたような、1階がカフェの場合、2階の音が1階に聞こえないような防音設備などの設置することを考えておかないと、クレームがくることもあり得えます。

住宅兼カフェのメリットとデメリット

住宅兼カフェとして改築する場合、土地の利用にも制限があり、ちゃんと役所などで開業できるのかどうかは確認しておく必要があります。

住宅兼カフェのメリットとして以下のことが挙げられます。

通勤しなくていいので時間を短縮できる

自宅兼カフェなので、通勤という概念がないため、通勤時間を考えなくて済みます。その分カフェの準備などの時間に充てることができるところはメリットのひとつです。

テナント料や保証金はいらない

自宅の購入費を除けば、内部費用と設備費用だけで済みます。

上記ではメリットを挙げましたが、住宅兼カフェにもデメリットはあります。

集客力はあまりよくない

基本的に住宅兼カフェとして開業するとなると席数は限られてくるため、たくさんの人を呼ぶことが難しくなります。そのため集客力としてはあまり良くはありません。

まとめ

住宅でのカフェを開くことは増えつつありますが、手間と資金が必要になってきます。でしかし家賃がかからないことや、通勤のことを考えなくてよいなど、メリットも多くあります。

「樹づくり工房やない」では、お客様が納得できるまでじっくり検討してもらえるよう、詳しい見積もりを無料でおこなっています。さらに工事の始まりから終わりまで一週間ごとにどんな工事が行われていたのかを、安心してもらう為にもご報告も行っております。住宅兼カフェを開きたいなど、建築に関する悩みなどがありましたらぜひ一度ご相談ください。