排水つまり

これもよくあるご相談なんですが、特に台所流しがつまって排水が逆流するパターンが多いようです。

水まわりの中でも毎日頻繁に使いますし、食べかすや油分に洗剤と、いろんなものが流されることから、排水パイプに汚れがこびりつきやすいですよね。

20年以上経っていてまだ本下水が整備されていない地域のお宅ですと、長い年月に蓄積された汚れももちろんありますが、流しから外に出たところの排水桝の構造自体につまる原因があります。

排水口には下水の臭いが逆流しないようにトラップと呼ばれる水溜めがありますが、昔の設備機器にはこのトラップが無かったものもあり、外の排水桝にこの水溜めを設けています。

その構造は、流しからきた排水パイプが排水桝に流入する部分に90°曲がったパイプを上向きにして取り付けてあり、この曲がった部分に常に水が溜まる仕組みになっています。

この曲がった部分に水には浮かない固形物が蓄積してしまい、それに遮られた汚れが流しの方向に向かってどんどん溜まって、やがては流しのシンクに水が溜まってしまうほどの排水障害が起きるのです。

排水口のまめな掃除も必要ですが、たまに外の排水桝の蓋をあけてこの折れ曲がったパイプを取り外して掃除してあげましょう。

この仕組みを知っておくだけで、いざという時慌てなくてすみますよ。.