用語辞典

在来工法について

在来工法について
木造在来工法では、上棟が終わると直ちに屋根工事にかかります。 それほど規模が大きくなければ、上棟したその日に 屋根の下地板を張りあげて、雨がかからないようにします。 この作業を雨仕舞い(あまじまい)と呼んでいます。 木造…

墨出しとは

墨出しとは
大工さんが昔ながらの技法で、柱や梁の材料同士が 外れないように様々な仕掛けを施すための下書き線を描くこと、 言い換えると、加工する材料に切り取り線のようなものを印すことを 「墨付け」といいます。 現在ではこの加工作業をコ…

水盛遣り方とは

水盛遣り方とは
建築では、工事に取り掛かる前に縦、横、高さのそれぞれの方向の 基準点を定めます。 縦、横の基準となる線を「通り芯」(柱や壁の中心を示す線の意味) 高さの基準となる線を「GL」といいます。 (GLはGround Lineの…

仮設工事とは

仮設工事とは
読んで字のごとく、仮に設ける工事のこと。 したがって建物完成時には無くなってしまうものです。 それでは、主な用語を紹介しましょう。 はじめに、「足場」です。 柱や梁などを組み立てる時から、外装を仕上るまで、職人さんが安全…

床面積とは

床面積とは
床面積とは建築基準法上の定義があります。それは 「壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積」 となっています。 外壁で囲まれた部分を各階ごとにだしたその合計を建築基準法上の 「延べ床面積」といいます。計算は壁の…

一式とは

一式とは
意味としては「全てまとめて」とか「ひとそろえ」みたいなことですが、 まさにそのとおり。 仮設工事 一式 ○○○,○○○円 基礎工事 一式 ○○○,○○○円という表現は各工事の総括表にでてくるもので、 各工事の詳細内訳書の…

基礎について その1

基礎について その1
木造建築の基礎工法は、古くから採用されてきた布基礎と 今日一般的になりつつあるベタ基礎があります。 布基礎はTの字を逆さまにした断面をしており、外壁や 主要な間仕切り壁に連続的に設けられます。 しっかりした地盤であれば布…

基礎について その2

基礎について その2
基礎はコンクリートと鉄筋を用いて、建物のかたちにあわせて 現場でつくられます。 はじめに、所定の深さまで土を掘削します。これを「根切り」といいます。 掘ったところへ砕いた石を敷き込み、大きなハンマーのような機械で よく突…

地盤について

地盤について
基礎は建物を支える上で大切ですが、基礎も含めた 建物全体を支えるのが地盤です。 建物は長期的にかかる自重と積載荷重の他に、 短期的にかかる積雪、風圧力、地震力に対して崩壊 することなく耐えなければなりません。 その建物に…

附帯工事とは

附帯工事とは
屋外設備工事とは、建物外の給排水配管や電気配線、 ガス配管、下水未整備の地域では浄化槽などがあります。 これらの設備は敷地形状や道路接続状況によって 費用が異なります。 当然、敷地が広ければ配管が長くなりますし 水道、下…