新築する

第三者による地盤解析

地盤セカンドオピニオンとは?

これまでは地盤調査を実施し、軟弱地盤と判定されればどうしても安全側をとって改良工事を実施していました。
この改良工事には高額な費用を要するため、建築本体工事の予算を削る結果となります。
改良をするかしないか、微妙なケースは工事会社として、どうしても安全な方を取ってしまいますが、このような判断が難しい場面において、公平な立場からの意見を取り入れるのが、この「地盤セカンドオピニオン」と呼ばれるものです。

地盤調査の結果、改良工事が必要と判定された場合は第三者機関に解析を依頼します。

判定結果に応じた施工がされれば期間20年間、最大5,000万円の地盤保証をつけることができます。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ