建築豆知識

附帯工事とは

屋外設備工事とは、建物外の給排水配管や電気配線、
ガス配管、下水未整備の地域では浄化槽などがあります。

これらの設備は敷地形状や道路接続状況によって
費用が異なります。

当然、敷地が広ければ配管が長くなりますし
水道、下水、電気、ガスといった設備は道路から引き込む
わけで、建物から道路まで距離があるとそれだけ費用もかさみます。

さらに建て替えの場合を除いて新規に水道を引くときは、
道路部分の掘削やらメーター分担金といった費用も発生します。

これらは、現地調査でわからないこともあり管轄の役所にいって
整備状況を確認する必要があります。

新規に土地を購入して建築する場合はこういったインフラが整備
されているか事前の調査がとても大切です。
ロケーションや交通の便だけでとびつくと思わぬ出費となります。

くわえてもう一つ重要なことが地盤の良し悪しです。
きれいに造成されているからといって安心できません。
道路から少し地盤が上がっていると良く見えますが、土を
盛ったり切り崩したりして地盤が弱くなっていることがあります。
また、川や田んぼのそばなども要注意です。
このような軟弱地盤では基礎にとりかかる前に補強のための
改良工事が不可欠で高額な費用を要します。

このように事前の調査を入念にすることで全体の資金計画が
より確かなものになるのです。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ