建築豆知識

間仕切り

部屋を仕切る壁を間仕切り壁といいます。

最近の住宅は断熱性、気密性に優れていることから間仕切りを極力減らして、
家中どの部屋も温度差ができないような間取りにしています。

そのことにより、冬場によく起きるヒートショックとよばれる現象を防ぐことができます。
これは人が部屋を移動した時に、急激な温度変化による血圧の上昇等により
脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことをいいます。

また、間仕切りを減らすことで建築コストは下がりますし、
将来のライフスタイルに応じて仕切ったり、オープンにしたりと
部屋同士のつながりの自由度が増します。

耐震性を考えれば壁は多い方が良いのですが、外壁まわりに耐力面材とよばれる
パネル (筋かいに代わるもの)を用いると、内部の耐震壁を減らすことができます。

その他、人の気配も感じ取りやすくなって家族間のコミュニケーションを高める効果も
期待できますね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ