建築豆知識

配線計画

新築の家ができて、実際の生活が始まると意外と不便を感じたりするのが電気配線。

計画の段階では図面上に記されているスイッチやコンセントの位置を見ても
あまりピンとこないでしょう。
そこから立体的に考えるのは、なかなか難しいと思います。

いま現在の住まいでよ~くシミュレーションしておきましょう。

例えば、スイッチ。
廊下やホール、階段といった通路部分は1ヶ所でしか入り切りできないととても不便です。
「3路スイッチ」といって、2ヶ所で入り切りできるものを適切な場所に取り付けておくことです。

あと、おかしやすいミスが、開いたドアの陰になってしまうとか、玄関の照明のスイッチが
靴をぬがないと届かないとか。

次にコンセント。
部屋の隅からどのくらい離したらよいかとか、取り付ける高さなど、配置する家具などを
想定しておかないと、家具の背中に隠れてしまったり、欲しいところに無かったりと
支障をきたします。

今まで使っていた家具を持ち込む場合や、新規に購入予定の家電製品などを
リストアップしておくことも大切です。

また、電子レンジや乾燥機、ドライヤーといった大きな電気容量を必要とする
器具を使うコンセントは、分電盤から直接、専用の回路で引かないと、使うたびに
ブレーカーが落ちる事態となります。

今日の生活は家電製品であふれており料理、洗濯、掃除、オーディオ、パソコンと
コンセントがいくらあっても足りません。

予算もありますから、やたらにたくさん付ければいいというものでもなく、それぞれの置く場所を
しっかり決めておくことが肝心です。

テレビやパソコンの置き場は、特にコンセントが必要になりますからね。
パソコンやモデムの置き場は予め決めておかないと、電源だけでなく、
電話線、光ケーブル、LANケーブルなど「新築したのに部屋に配線がむき出し」
なんてことになってしまいますからね。

それから見落としがちなのが、掃除機用のコンセントです。
廊下の途中や階段など、日常はただの通路であっても設置しておくと便利です。

電気配線は、私たちプロでも難しいものがあります。
それだけに、間取りを考えるのと同じくらい神経をつかう作業なんです。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ