建築豆知識

造作材について

大工さんが施す仕上げ工事を総称して造作(ぞうさく)といいます。

また、完成して表面に見える木材を「造作材」と呼びます。

例えば
敷居 :開口部の下部に付く材
鴨居 :開口部の上部に付く材
長押 :和室の鴨居の上に付く幅広の材
廻縁(まわりぶち) :壁と天井の交わるところに付く材
巾木(はばき) :床と壁の交わるところに付く材
畳寄せ :畳と壁が交わるところに付く材
などがあります。

無垢の木をこれらの部分に使う場合、節の無いきれいな木目が
でるような材料を用いるので高価になります。

今日では、合板などの表面に木目が印刷されたシートを貼った
安価なものが出回っております。
最近の印刷技術は優れたもので、遠くからの見た目では
無垢材か貼り物か区別がつかないくらい良くできています。

大工さんはこの造作工事において、木と木が交わる部分に
隙間ができないように丁寧に仕事をしなければなりません。
無垢材を使う場合はなおさら気を使います。

そんなわけで、貼り物の造作材は、無垢材に比べて収縮が小さく
後々狂いが少ないので、クレームを避けることからも普及するように
なりました。

自然素材は、予算との兼ね合いもありますが、やはりここは自然の
無垢材を使いたいところです。
乾燥はさせますが、生きていたものを使うわけですから多少の隙間は
できてしまうかもしれません。
でも自然がつくりだした木肌は、決して人工的なものには表現できない
風合いがあるのです。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ