建築豆知識

賃貸か持ち家か

どっちが得かよく比較されることですが、そもそも比べる対象ではないと思います。

持ち家は、住宅ローンというリスクを背負うことになりますが、財産になります。

一方、賃貸はいくら払い続けても自分のものにはなりませんし、生きている限り
払っていかなくてはなりません。

人生において何に価値を見出すかは人それぞれですから、一生賃貸でいいという人も
いるでしょう。

ただ一生、住居費は必要になります。
働けなくなっても家賃は払い続けなければなりません。
そう考えると、家の取得をいずれするということであれば、低金利のいま、
早ければ早い程良いのではないでしょうか。

この不況のときに住宅ローンなんて組めるかと言われるかもしれませんが、
今もこれからも家賃は払っていかなくてはなりません。
であれば、家賃分くらいのローンで建つ家ならば良いわけですよね。

つい自分の家を持つとなると高望みしてしまいます。
そして、銀行が貸してくれるというから少々無理をしてしまい、苦しい生活になってしまいます。

そうならないように、いくらなら無理なく返せるか、そこから逆算して家づくりにとりかかりましょう。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ