建築豆知識

色決め

屋根、壁、床、設備機器など、素材と共にあらゆる場面で色を選択することになります。
この色を決めるだけでもけっこう大変なんです。
家族間でも色の好みは分かれますからね。

それと、気をつけておきたいことは、小さいサンプルで見るのと
実際の大きな面積になったときの違いです。

色は面積が大きくなると明るくなる傾向があります。

それから、光の種類や当たり方でも違った色に見えます。

例えば、外壁を決めるときに部屋の蛍光灯の元で決めた色と
実際に塗られて太陽光に照らされた色では、まったく違う色に見えることがあります。

その選択するものが、外部なのか内部なのかによって色を決めるときも、
その場所にサンプルを持っていって決めるようにしましょう。

色の選定はトラブルが起きやすい事項です。
費用的にも時間的にも、簡単に取替えのきくものではないですから、
実際に出来上がって「イメージと違う」なんてことにならないよう色決めはくれぐれも慎重に!

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ