建築豆知識

給排水設備

給排水の配管方法も昔に比べるとかなり進化しました。
「どこかで漏水しているようなので見てほしい」というご相談をいただいて
おじゃますると、大概は20数年経過した鉄管が錆びて腐食し、
そこから水が噴出していることがよくあります。
鉄管の内部も錆びが盛り上がって水の通り道が狭くなっていて
シャワーの出が悪くなるなんてこともあります。また、台所やお風呂などの各給水箇所には、メーターから末端の
給水箇所まで通じる一本の管から枝分けして配管されており、
どこかで大量に水を使っていると、他のところの出が細くなるという現象も
起きてしまいます。

現在行われている工法は樹脂製の管材が使われ、メーターから室内に入った
給水管はまずヘッダーと呼ばれる部品に接続され、そのヘッダーから
各給水箇所へは1本1本単独で配管されます。
これによりどの場所でもある程度一定した水圧が得られます。
漏水も基本的には接続部分にしか起きないので発見しやすく
管の交換も容易にできます。
排水管もこれに似たようなやり方があって、各排水箇所からジャバラ状の管が
1箇所に集中して外部へ排水するという工法なんですが、なんとなく詰まりを
起しやすい気がして採用していません。
何でも新しい工法が優れているとは限りませんので、あらゆる角度からの
検証が必要ですね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ