建築豆知識

空調設備

いわゆるエアコンを設置する工事のことで、一般的には建物本体に含まない
別途工事となります。
弊社ではセルローズファイバーを現場で吹き込む断熱を採用しており、
エアコンの冷媒管を通すためのスリーブ(貫通孔)は予め壁に設けています。

これをやっておかないと後で孔を開けた時、断熱材がボロボロ落ちてきてしまいますし、
現場を把握していないエアコン業者ですと、壁の中の筋かいや配線、配管等を
傷めてしまうことがあります。
あとはスリーブの近くに専用回路のコンセントを付けておけば引渡し後であっても、
どこの業者に頼んでも大丈夫です。

やはり家電量販店で購入されるケースが多いようです。 量販店の場合、
一般的には室内機のすぐ裏の外部に室外機が置ければ安い標準工事費で
やってもらえますが、2階から1階へ設置する場合や長い経路となる場合は
別途料金がかかります。

また、設計上外部に面さない部屋にエアコンを付ける場合は、壁の中や天井裏に
予め冷媒管を配管しておかなければならないため、建築と同時にこれらの工事も
見込んでおきます。

ただ、配管を埋め込んでしまうと交換やメンテナンスが容易でないため、
設計段階でエアコンの設置場所を想定しながら間取りを計画し、埋め込み配管は
極力避けるべきです。

どんな設備機器もそうですが、10数年で寿命がきますから、容易に交換できるような
設置方法にしておきましょう。
設備機器は埋め込みにすると見栄えも良くスッキリしますが、交換やメンテナンスでは
高コストとなるので十分な検討が必要です。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ