建築豆知識

現場管理

現場で工事を進める上で、いつどのタイミングでどんな職人さんを入れたらいいか、
お客様に引き渡すまでの全体の工程を把握して作業がスムーズに行われるように
コーディネートする仕事を「現場管理」とか「施工管理」といいます。

この仕事をするのが現場監督です。現場代理人ともいいます。
家一件つくるには 基礎、大工、屋根、外壁、板金、左官、タイル、サッシ、建具、
塗装、内装給排水、電気、と少なくとも10数業種の職人さんが入ります。

だいたい入る順番は決まっていて、その時に集中して作業を終える職種と
初めの方から完成近くまで何度かに分けて入る職種があります。
壁の中や天井裏に隠さなければならない配管や配線作業は、
工事の進捗状況に合わせてその都度現場に来なければなりません。

段取りが悪かったり、予定通りに職人さんが来なかったりすると
現場で職人さん同士が入り乱れてしまい、作業効率が落ちて、思うように
作業ができないなんてことが起きてしまうので、このあたりも現場監督の力量に
かかってます。

そして、現場に来た職人さんがどの位置に作業を施すか、予め寸法を出して
その位置に記しをする「墨出し」という作業がありますが、これも一般的には
現場監督が行います。

このように、形として残る直接的な仕事と、形にはならない裏方的な仕事で
現場は成り立っていて、一件の家ができあがるわけですね。

家の出来ばえは職人さんの腕にもよりますが、現場監督の腕によっても
違ってくるものなのです。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ