建築豆知識

水盛遣り方とは

建築では、工事に取り掛かる前に縦、横、高さのそれぞれの方向の
基準点を定めます。

縦、横の基準となる線を「通り芯」(柱や壁の中心を示す線の意味)
高さの基準となる線を「GL」といいます。
(GLはGround Lineの略で地盤面の意味)

この基準となる点や線を現場に印す作業を「水盛遣り方」といいます。
建築現場で基礎工事にかかる前に、木杭を立てて横に板を打ち付けている
光景を見かけたことはありませんか?これがそうなんです。
横の板は水準器を用いて水平に打ち付けてあります。これが高さの基準です。
設計上、特に支障がなければ現況地盤の平均的な高さをGLに設定します。
これをむやみに高くしたり低くすると、土を余計に掘ったり入れたりすることに
なりコストアップの原因になります。

そして、水平に打った板に先ほどの縦、横の基準となる「通り芯」をだします。
通り芯の片方の軸には、い・ろ・は・・・と符号をつけ、
それに直交する軸には一・二・三・・・と番号をふります。
これを「番付け」といいます。
これにより家の基準となる最初の点が「いの一番」となります。
この言葉、日常で使うことありますよね。
「事の初め」とか「最初」の意味で、このことが語源になっていると言われています。

一般的に木造建築では、基本的な桝目の単位(1帖の短辺の長さ)が3尺で、
3尺は概ね910mmとなっています。
因みに寸法を読むときは、全てmm単位で表します。
1mは1,000と読み、50cmは500と読みます。
大工さんは今でも尺や寸を用いることが多いのですが、あくまでも
共通の基準はmm単位です。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ