建築豆知識

構造材について

建築でいう構造とは、建物を支える骨組みになります。

具体的には、
土台(基礎の上に横にながす木材)
大引(床を支える下地木材)
柱、梁、母屋(屋根を支える下地木材)
などがあります。

建物では、基礎に力を伝達する肝心な部分ですから
どんな材料を使うかで強度や耐久性に影響します。

地面に近い部分では白蟻の蝕害に対しても配慮
しなければなりません。

我が国では古くから桧が柱材として採用されてきました。
それにはそれなりの理由があったからでしょう。
木そのものの強さ、湿気や乾燥に対する耐久性など全ての
性能に対して最高とはいかないまでも、トータル的に考えると
桧が最も柱に適していると昔の人は知っていたのでしょう。

木造建築の歴史的建造物が今なお残っているのは
コンクリートや鉄骨に劣らない、いやそれ以上の耐久性を持った
優れた構造材が木であることを証明しています。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ