建築豆知識

業者選びについて

業者を選ぶとき、坪単価を聞いただけで判断してしまうと正しい比較はできません。

それでは、最初に相談をもちかける時どうしたら良いか?

前もって自分好みの家づくりをしている業者を何社か探します。
さらにその中で、同じような工法で建てているところを数社に絞ります。

建築では、表面に見えないところ(仕上げにとりかかる前段階の工事)
にかかる費用がけっこう大きなウェイトを占めます。
同じような工法に絞ることで、この見えない部分については大差なくなり、
より正しい比較ができると思います。

例えば、木造在来工法でも断熱の仕方で費用が違います。
充填断熱か外張り断熱か、さらに断熱材そのものの素材によっても
費用が違います。
木造の場合は、充填か外張りであるかは断熱性能的にさほど気にすることではありません。
むしろ壁内結露対策がしっかりされているか重視すべきでしょう。
できれば、その業者さんにその断熱材を採用している理由と、その断熱工法の
欠点を聞いてみてください。それに対して明確に答えてくれるかが重要です。

数社候補が決まったら、初めに建物にかけられる予算をざっくばらんに伝えてしまいます。
そして希望の部屋数や採り入れたい設備などを決めて、プランを練ってもらいましょう。
初めての提案図面で「決まり」ということはないでしょうが多少手直しをして、
これをもとに見積りしてもらいます。予算がわからないまま要望をどんどん取り入れて進めたら、
見積りが予算オーバーなんてことになり、また一からやり直しで時間の無駄になってしまいます。
業者によってそれぞれの設計思想がありますから間取りや仕様は異なるでしょう。
その中から自分の要望に最も近い提案をしてくれたところに決めるわけですが、
コストパフォーマンス(費用対効果)もしっかりチェックしましょう。
つい内装や豪華な設備に目がいってしまいますが、隠れてしまう部分にも
どのような材料が使われているかが大切です。

本来であれば、同じ間取り、同じ仕様で見積もってもらい単純に金額だけで
比較できれば良いのですが、気に入った間取りと仕様を決めるまでにかなりの時間を
費やさなければなりません。それを数社とやりとりするには、相当な労力が必要です。
前述の方法で一社に絞り、それから細部をつめていく方が良いのではないでしょうか。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ