建築豆知識

大か 小か

「家を建てよう」と思い立ったとき、プロに相談する前にまず自分なりに考えることといえば、
いくらぐらいの予算で、どのくらいの規模の家ができるのか
ということではないでしょうか。

敷地がすでにあれば、ここに建てられるだけMAXで建てたいと思うでしょう。

まあ、予算あってのことですが、せっかく建てるのだから広々した家が良いに決まっています。
この考え方からスタートするから、後になって予算オーバーという事態になるわけです。

そこで発想を変えて、「最小の規模で考えたらどの程度必要なのか」をスタート地点にして
進めてみてはどうでしょうか。
この考え方だったらプロでなくてもなんとなく間取りが考えられませんか?

現在住んでいるアパートの間取りを参考にしてみてもいいでしょう。
アパートはある意味、一般的な生活を営むのに必要な部屋がコンパクトにつくられています。

これを基本に、自分たちはあと何がどのくらい必要か味付けしていくのです。

その際、極力、廊下など共有スペースを取らない様にします。

いかがですか?
実際家を建てて、「こんなに広くいらなかった」っていう声もよく聞かれます。

「大は小を兼ねる」とは言いますが、広いのって意外とデメリットもあります。
冷暖房費はかかるし、掃除も大変だし、メンテナンスなどの維持費もばかになりません。

「大」からではなく「小」からスタートしてみましょう

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ