建築豆知識

壁にビスがきかない!

数あるご相談のなかで、「壁にものを飾りたい」というのがよくあります。

壁は大概、石膏ボードが張られていてボードの先は空洞になっており、
ビスなどは直接ねじこんでもききません。
「下地さがし」という道具を使って、下地の木を見つければ問題ないのですが、
木はある一定間隔でしか存在しませんから、「どうしてもここに付けたい」という場合は、
石膏ボード用アンカーというビスを留める補強材を使います。

ただ、これはあくまでも石膏ボードのみに固定させるため、
繰り返し衝撃が与えられたり、重量のあるものを付けると、耐えられずに
周囲のボードもろ共外れてしまいます。
新しい家でこんな事態は悲しいですよね。

家を建てる時、カーテンを付けたり、何かを飾ったり、後々手摺をつけたりという場所は
予想できるはずです。
業者さんが気を利かせてやってくれるかもしれませんが、飾りものとなると
特定するのは難しいかもしれません。
ある程度広い範囲で、前もって大工さんに「ここを補強しておいて」と
頼んでおくとよいでしょう。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ