建築豆知識

基礎について その1

木造建築の基礎工法は、古くから採用されてきた布基礎と
今日一般的になりつつあるベタ基礎があります。

布基礎はTの字を逆さまにした断面をしており、外壁や
主要な間仕切り壁に連続的に設けられます。
しっかりした地盤であれば布基礎で十分です。

ベタ基礎は比較的軟弱な地盤で採用され、1階部分全面に
耐圧盤とよばれるコンクリートを打ちます。
それによって建物の荷重を満遍なく地盤に伝えることが
できます。床下の湿気を防いだり、シロアリの被害を受けにくく、
コスト的にもさほど変わらないことから今では標準的になっています。

ベタ基礎が万能というわけではなく、さらに軟弱な地盤の場合は
地盤改良工事を行います。

建物にかかる様々な荷重を地盤に伝えて、上部構造をしっかり支える
「基礎」というだけあって建物では一番肝心な部分です。
それだけに基礎に使用する材料は重要な働きをしています。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ