建築豆知識

坪単価とは

だいたいの目安にはなっても、これほどあてにならない
ものもありません。

注文住宅の場合、いろいろな要望を聞き入れて間取りを設計し、
それに基づいて見積り、金額を積み上げていきます。
その総金額を床面積で割ったのが坪単価ということになります。

間取りや規模があらかじめ決まっている規格住宅を買うとすれば
イメージしやすいですね。

例えば30坪で総額1,500万円の物件があったとします。
坪単価は50万円になります。
仮に3人のお客さんがこの物件を買うとき

Aさんはさらに床暖房を設置して+30万円
Bさんは小屋裏収納を増やして+30万円
Cさんは高性能断熱材に変更して+30万円

みんな一様に総額1,530万円で買うことになりました。
どの家も坪単価は51万円。見た目何も変わらない家ですが、
設備が豪華なのか、収納が充実しているのか、断熱性が優れているのか
わかりませんね。

従いまして、自由に注文をつけて建てる住宅の場合、
最初に業者を選ぶ段階で、単純に坪単価を聞いただけでは正しい比較が
できないということになります。

それから、二世帯住宅は別として一般的な住宅の場合、規模の大小に関わらず
水廻り設備の数は変わりません。
よって、同じ仕様で建てる場合は面積の大きい方が坪単価は安くなります。

さらに、同じ仕様で同じ面積でも建物の形が真四角の場合と凹凸のある場合では
真四角の方が安くできます。
形によって外壁の面積が増えたり、屋根の形状が複雑になると費用がかさむのです。

同様に同じ面積でも、平屋建てと二階建てでは二階建ての方が安くなります。
平屋では基礎と屋根が増える為です。
建物の形状は、敷地の広さや形状によって決まってしまうこともあります。

このように坪単価はあらゆる条件が重なり合って決まります。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ