建築豆知識

地盤について

基礎は建物を支える上で大切ですが、基礎も含めた
建物全体を支えるのが地盤です。

建物は長期的にかかる自重と積載荷重の他に、
短期的にかかる積雪、風圧力、地震力に対して崩壊
することなく耐えなければなりません。
その建物にかかる様々な力は基礎を通じて地盤に
伝わります。
したがって地盤が軟弱だとその力に耐えられずに建物が
傾いてしまいます。

それだけに地盤の強度を事前に把握することは建築する上で
最も重要といっても過言ではありません。

よく建て替えで、前の家がなんともなかったから地盤調査は
いらないなんていわれますが、そっくり同じものを建てるわけでは
ありませんから何が起きるかわかりません。
また、法律でも義務化されたに等しいくらい地盤の性状を把握
することが厳しく求められています。
そう考えると地盤調査によって得られたデータは建物本体と同様、
立派な財産と言っていいでしょう。

調査結果は、調査ポイントごとに地盤の強弱を表すグラフ状にして
まとめられ、報告書として製本されます。
結果により軟弱と判断されれば、地盤を改良し補強する工事が
別途必要になります。

建物を長年に渡って支えるための礎となるものですから
資金計画を立てる上でしっかり予算に入れておきましょう。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ