建築豆知識

在来工法について

木造在来工法では、上棟が終わると直ちに屋根工事にかかります。
それほど規模が大きくなければ、上棟したその日に
屋根の下地板を張りあげて、雨がかからないようにします。
この作業を雨仕舞い(あまじまい)と呼んでいます。

木造在来工法は、雨の多い日本だからこそ普及したと思われます。

木はもともと水を含んでいますから、濡れたからといって使い物に
ならないわけではありませんが、和室など柱がそのまま見える
真壁造りにおいて、削ってきれいに仕上げられた木材は濡れると
染みが残ってしまうことがあるので、雨に気を使うのです。

2×4工法は比較的乾燥した国からやってきた工法で、熟練職人を
必要とせず合理的に考えられたものですが、屋根が葺きあがるまで
時間がかかりますし、必然的に密閉される構造のため気密性には
優れますが、高温多湿な日本では不向きではないかと思います。

建築がそうであるように、生活に欠かせない衣食住は、
やはりその地方の気候風土に見合ったかたちで定着して
いるのではないかと思われます。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ