建築豆知識

動線

人が生活する上で建物のなかを移動する経路を「動線」(どうせん)と呼びます。
間取りを考える際、この動線を予想してプランを練ります。
家族それぞれ一日の行動パターンは異なりますが、特に家事をまかなう人の動きは
複雑になると思います。

ご自分で一日の行動を想像してみてください。

起床 → トイレ → 顔洗い → 着替え → 朝食 → 皿洗い → 洗濯 → 掃除
 → 物干し → 昼食 → 一休み → 買物 → 洗濯取り込み → アイロンかけ
 → 夕飯支度 → 夕食 → 片付け → 団欒 → 入浴 → 就寝
こんなかんじでしょうか。

買物以外は家の中をけっこう行ったり来たりしていると思います。

このように家事を行っているときの動きはキッチン、洗濯場、物干し場の行き来が
その家庭によっては頻繁になり、この経路をできるだけコンパクトにまとめることが
設計において重要です。

また、高齢になったときのことを考えると、寝室とトイレは近接させることはもちろんのこと、
これら一日の営みを、一つの階において無理なくこなせるようにしておくのが理想です。

外で仕事をしていると、家のことなんて気にしませんが家事もかなりの重労働です。

奥さんにも感謝しないといけませんね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ