建築豆知識

借りる前に

住宅ローンを借りるとき、金利は固定と変動があります。

金融機関にもよりますが、現在の変動金利は当初1%を切るものもあります。
そこで気をつけなければいけないのが、現在の水準で返済計画を立ててしまうことです。

変動というからには、この先上昇することもあるわけです。

例えば2000万円借りて25年で返済する場合、金利が1%上がると年間で10万円近くも
返済額が増えてしまいます。

住宅ローンを借りるには事前審査というのがあって、この審査に通らないと
借りることができません。
金利を1%で計算して大丈夫そうだからといって、審査を申し込んだらダメだった
ということがあるように、審査では1%なんていう低い金利では計算してくれません。
これは金融機関にもよりますが、概ね3~4%で計算します。

金利というのは常に変動するものであり、ここ10年近くは低水準を維持してますが
過去50年でみると大きな波があって、返済期間が20~30年という長いスパンで考えれば
20年後は上がっている可能性の方が高いわけです。
貸す側はこういうリスクを考えて、長期の平均的な数値で計算するんです。

あと、年収に対する年間返済額の比率も重要な審査基準となりますから
自分一人の力でどうにもならない場合は、配偶者と収入を合算するなど
対策が必要です。

さらにその前に肝心なことがあります。それは
カードのリボ払いやキャッシング、カードローンや消費者金融の使い過ぎです。
こういった借金をクリアしておくことが大前提ですね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ