建築豆知識

住まいの保険

平成21年10月から引き渡される新築住宅に対して瑕疵担保(欠陥を保証する)の
資力確保を義務付ける法律が施行されます。

欠陥といっても全ての部分に適用されるのではなく、構造耐力上主要な部分
(建物を支える部分)と雨水の浸入を防止する部分(屋根、窓、外壁等)です。

保証される期間は引き渡しから10年間です。この期間に上記の部分に
欠陥が見つかったときは、住宅会社に補修することが義務付けられており、
それにかかった費用に保険金が充当されるわけです。
また、期間中に万が一建てた会社が倒産した場合は建て主に対して
保険金が支払われます。

この瑕疵担保を保証する制度とは別に、任意加入ではありますが
完成保証制度があります。

着工前に多額の契約金を払って、手付かずの状態または建築途中で
会社が倒産というケースがあります。
当然払ったお金は戻るわけもなく泣き寝入りという事態になってしまいます。
テレビCMでも盛んに宣伝している会社であればつい信用してしまいます。
契約する前に完成保証が利用できるかどうか確認することが大切です。

この完成保証が利用できる会社は、保証引受機関(または会社)に
あらかじめ決算書等を提出し、経営状況の審査をパスしないと引き受けてもらえません。
したがって、その会社は健全経営していることを第三者に認めてもらった安心できる会社
ということになります。
さらに、工事中の現場で火災や盗難が起きたときの保険にも加入しているか
確認しておきましょう。

工事を依頼する業者を選ぶときは、誠実さや施工技術も大切ですが
このような万が一に対してしっかり対応できるかどうかも大事な判断基準です。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ