建築豆知識

仮設工事とは

読んで字のごとく、仮に設ける工事のこと。
したがって建物完成時には無くなってしまうものです。

それでは、主な用語を紹介しましょう。

はじめに、「足場」です。
柱や梁などを組み立てる時から、外装を仕上るまで、職人さんが安全に
作業をするため足の踏み場にするものです。
外の作業が終わると共に解体します。
建物内部でも吹抜けや高い天井がある場合も一時的に移動できる
足場を組むことがあります。

次に「養生」
仕上げを施した部分に傷がつかないように保護する
又は、作業する部分以外のところに傷や汚れがつかない
ようにするための紙やビニールを貼ることを養生といいます。
それとは別に、仮設工事とは関係ありませんが、基礎のコンクリートを
打ったあと規定の強度に達するまでしばらく時間をおきます。
これも「養生する」といいます。
人が病気をして回復するまで安静にすることを養生といいますよね。
これに似たような意味合いです。

その他には、職人さんが使うトイレ、工事に必要となる電気や水も
仮に設置します。
それから現場に関係者以外立ち入らないようにするための
敷地周囲に設ける囲いや道路側に設けるゲートなども仮設工事に入ります。
あとは、工事期間に発生する木の端材や材料を梱包しているダンボール等の
運搬処分費があります。

以上のように、現場ではたくさんの職人さんが入り乱れて工事が行われるわけで、
完成引渡しまでに傷やごみが無いようにしてスムーズに仕事を進行させるための
補助的であって重要な作業が仮設工事になります。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ