建築豆知識

プレゼンテーション

あれこれ悩んだあげくできあがった最初の提案図面。

間取りを図面化したものを平面図といいます。
この平面図は、床から1mくらいの高さで床に対して水平に壁を切断して、
天井の方から眺めたものを表現しています。
素人さんにはわかりにくいかもしれません。

そこで、CADとよばれる図面作成ソフトをつかって、この平面を立体的に表現した
鳥瞰図や内観透視図などをまじえながら説明するのです。
同時に建物を外から眺めた外観透視図も作成されます。

今では、こういったCG画像で表現するのは当たり前になりましたが、
十数年前にこのようなソフトができたときはそれこそ画期的で、感激したものでした。

それまでは、時間をかけて透視図法を用いて手でコツコツ描いていました。

建築ソフトが発達したおかげで、間取りをパソコンで入力すれば即座に立体的な図面が
立ち上がり、内観、外観のデザインを並行して検討できるようになりました。

近頃では、素人でも操作できる建築ソフトが発売されていて、ご自分で間取りを考え、
プロ顔負けの立体画像をつくられて持ってこられるお客様もいらっしゃいます。

パソコンの普及はおそろしいですね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ