建築豆知識

はじめの一歩

家は快適であっても、ローンに追われ生活に苦しむことになっては本末転倒です。

立派な箱だけ求めるから失敗するわけです。

さて、いざ建てようと思い立ったらだれもが向かう先はそう、住宅展示場です。

ハウスメーカーが競いあうように、現実離れした規模と豪華な設備で建ち並んでいます。

敷地が何百坪もあれば話は別ですが、ほとんどの場合、建築予定地に入りそうもない
坪数の家を見せているのです。

一つ一つの部屋も大きくとっていますから実際に建てられる家とは違い過ぎて、
参考にはなりません。

営業マンにアンケートを書かされ、軽い気持ちで見積りを頼み、でてきた金額を見てビックリ。
そしてまた振り出しに戻ります。

そもそも、ここから出発するから夢が膨らみすぎて予算オーバーということになるわけです。
せっかく建てるのだから部屋は広くとりたい。
だれもがそう思うでしょう。

広いデメリットも考えてみてください。
・光熱費がかかる
・掃除が大変
・物が増える
などがあげられます。

理想からスタートしてプランを練ってしまうから失敗するわけです。

まずは、「いくらまでローンが借りられるか」ではなく「いくらなら無理なく返せるか」を決めてから
総予算をはじいて、そこから諸々の費用を差し引いて残ったのが、建物にかけられる予算
ということになります。

ついつい営業マンにすすめられてグレードアップしてしまい返済がきつくなってしまった、
なんてことにならないように気をつけてくださいね。

  • 新築する
  • リフォームする
  • はじめての方へ
  • 最強の断熱材セルローズファイバー
  • 幸せづくりの家ものがたり「樹づくり工房やない」のブログ
  • 失敗しない家づくりの秘訣
  • 建築豆知識
ページトップへ